読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゅにっき

こっちのブログはまったり更新

avast が

メールサーバも動き出したので、いつも通り Windows でメールを送受信しようと
SMPT+STARTTLS POP+STARTTLS IMAP+STARTTLS で通信しようとするも
なんかメーラ (EdMax) からエラーが返ってくる。

でも SMTPS POPS IMAPS なら通信ができる。。。
なんで?と思い調べてみると

PostfixTLS対応すると25番ポートで送信できなくなる。
http://www.aconus.com/~oyaji/faq/postfix_faq2.htm

という記事を発見。
どうやら Norton などのウィルスチェックプログラムが悪さをするらしい。
EdMax のエラーログにも avast という文字を発見。
ためしに avast を切ると無事に送受信ができました。
でも、avast 毎回切るのはちょっと面倒だし、何よりウィルスに感染するリスクを高めたくはないので
EdMax がせっかく SMPTS POPS IMPAS に対応していることだし
新たにポートを開けるのは微妙だけど、まぁ仕方がないということで。

postfix の SMTPS 化

Debian/lenny でインストールされた Postfix
最初から SMTPS の設定が終わっていたので
設定らしき設定は /etc/postfix/master.cf くらい。
その内容も、以下のようにコメントアウトを外すだけでした。

#smtps     inet  n       -       -       -       -       smtpd
#  -o smtpd_tls_wrappermode=yes
#  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
#  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

# ↓ 全部コメントアウトを外すだけ

smtps     inet  n       -       -       -       -       smtpd
  -o smtpd_tls_wrappermode=yes
  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes
  -o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

courierの設定

POPS IMAPS はそれぞれ

# /etc/ini.d/courier-pop-ssl
# /etc/ini.d/courier-imap-ssl

が起動スクリプトになっていますが、既に起動していたのでノータッチ。
POP+STARTTLS IMAPS+STARTTLS は不要となるのでデーモンを停止しました。

# /etc/init.d/courier-pop stop
# /etc/init.d/courier-imap stop

で、デーモンが起動時に勝手に立ち上がらないように rc.d からも消しました。

# update-rc.d -f courier-pop remove
# update-rc.d -f courier-imap remove

これで SMTPS POPS IMAPS が使えるようになりました。
これらはそれぞれ

Protocol Port
SMTPS 465
POPS 995
IMAPS 993

のポートを利用するため、該当するポートを開放し
従来の POP IMAP が利用していた 110 143 ポートを閉じました。
SMTP に関しては外部からのメールが 25 番ポートで届くはずなので
そのままにしました。