読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゅにっき

こっちのブログはまったり更新

Debian/Wheezy を TimeMachine のディスクとして使う

TimeCapsule はちょっとオーバースペックなんだもの。
ということで、Debian/Wheezy に netatalk をインストールして TimeMachine のディスクとして利用してみました。
調べてみると netatalk のバージョンが 2.1 未満の場合はソースからコンパイルして〜。みたいなことがあるようですが、Wheezy では最初から 2.2 がインストールされたので、作業は本当に netatalk をインストールしただけでした。

# aptitude install netatalk

おわり。
申し訳程度に以下の設定ファイルをちょっと編集しました。

  • /etc/netatalk/AppleVolumes.default
--- AppleVolumes.default        2013-01-04 00:50:31.000000000 +0900
+++ /etc/netatalk/AppleVolumes.default  2013-01-03 12:55:25.000000000 +0900
@@ -174,6 +174,7 @@
 :DEFAULT: options:upriv,usedots
 
 # By default all users have access to their home directories.
-~/                     "Home Directory"
+# ~/                   "Home Directory"
+/path/to/TimeMachine/dir "TimeMachine" options:tm volsizelimit:100000
 
 # End of File

TimeMachine で利用するディレクトリの指定と、クォータの設定をしただけっていう。すごく簡単ですね。
これで無事にバックアップが作成されるようになりました。わーい。