読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゅにっき

こっちのブログはまったり更新

Postfix の導入

Debian/lenny に Postfix を導入することに。

インストールはいつもと同じく

# aptitude install postfix

で、dpkg の設定画面では

インターネットサイト
hogehoge.jp     # 自分のドメイン
myaccount       # root のメールを飛ばしたい人
hogehoge.jp     # , で区切っていくつでも追加できるみたい
いいえ          # よくわからないけど。。。
192.168.0.0/24  # 自分の所属するネットワークを
はい            # procmail は便利です
0               # 無制限でいいと思うので
+               # よくわからない。。。
IPv4            # v6 は今必要ないしね

と、入力しました。
できあがった /etc/postfix/main.cf ファイルはこんな感じ。

# 必ず最初にホスト名を伝えなければならない
smtpd_banner = $myhostname ESMTP $mail_name

# 新着メールのお知らせはしない
biff = no

# ?
append_dot_mydomain = no
readme_directory = no

# TLS parameters (← SMTP + STARTTLS
smtpd_tls_cert_file=/etc/ssl/certs/ssl-cert-snakeoil.pem
smtpd_tls_key_file=/etc/ssl/private/ssl-cert-snakeoil.key
smtpd_use_tls=yes
smtpd_tls_session_cache_database = btree:${queue_directory}/smtpd_scache
smtp_tls_session_cache_database = btree:${queue_directory}/smtp_scache

# ホスト名
myhostname = eucharis

# エイリアスの設定
alias_maps = hash:/etc/aliases
alias_database = hash:/etc/aliases

# メールアドレスの @ 以下が省略されたらこのファイルの内容を付与する
myorigin = /etc/mailname

# 受信するメールのドメイン
mydestination = mydomain.jp, eucharis, localhost.localdomain, localhost

# リレーの設定
relayhost =

# 自分がいるネットワークの設定
mynetworks = 192.168.0.0/24

# procmail を使う
mailbox_command = procmail -a "$EXTENSION"

# 受信箱のサイズ上限を設けない
mailbox_size_limit = 0

# ?
recipient_delimiter = +

# nic 1枚しかないけどねー
inet_interfaces = all

# IPv4 のみ
inet_protocols = ipv4

ドキュメントはちょっと古いかもしれないけれど

Postfix 設定パラメータ
http://www.postfix-jp.info/trans-2.1/jhtml/postconf.5.html

がとても役に立ちました。多謝。
あとで気づいたけど、この時点で TLS の設定が終わってるんですね。