読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゅにっき

こっちのブログはまったり更新

AWS 上に Vagrant を使って CoreOS のマシンを起動する

今更な感じだし、ありきたりの話しですが、手順のメモメモ。

vagrant のインストール

普通にダウンロードしてインストールすれば OK。
rbenv を使っていますが、特にはまるポイントはありませんでした。

Vagrant
http://www.vagrantup.com/

vagrant-aws plugin

vagrant から EC2 インスタンスを操作するのに必要なプラグイン

vagrant plugin install vagrant-aws

vagrant-dotenv plugin

AccessKey などの情報を Vagrantfile に書きたくないので導入しておく

vagrant plugin install dotenv

.env ファイルに秘密の設定を書く

ACCESS_KEY_ID     = "<AWS_ACCESS_KEY_ID>"
SECRET_ACCESS_KEY = "<AWS_SECRET_ACCESS_KEY>"
KEY_PAIR_NAME     = "<AWS_KEY_PAIR_NAME>"
SECURITY_GROUPS = "<AWS_SECURITY_GROUPS>"  # カンマ区切りで複数指定可

EC2 のセキュリティグループ作成

まずは SSH のみ許可するセキュリティグループを作成

EC2 の鍵ペア作成

普通に作成

Vagrantfile の作成

CoreOS PV 版を選択


vagrant up!

vagrant up --provider=aws

まとめ

vagrant ssh

で、すんなり AWS 上の CoreOS にログインできました。
あっさり簡単。