読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はちゅにっき

こっちのブログはまったり更新

ReadLine で CPAN を便利に

otsune さんに ☆ をつけられるたびに泣きそうな magicalhat です。
小さなことですが、大きな励みだったりします。
ありがとうございます><

って、なんか気づいたら1月なんですけど。
今年も底辺からがんばっていきたいと思います。よろしくおねがいします。


さてさて今回は
CPAN Shell でも TAB 補完したいよ!どうすればいいの?」
というお話。

もしかしたら、TAB 補完が使えるのが当たり前かもしれないけれど、Debian を再インストールした頃から、CPAN Shell で TAB 補完をしようとすると

cpan[1]> o co[TAB]
cpan[1]> o co^[    # <= conf と補完されてほしいのに。。。

という風に、変な文字が表示されるようになってしまいました。
しかも、履歴を出すために ↑ キーとか ↓キーとかを押した場合にも、呪文のような文字列が並び。。。

というわけで、そんなときの解決方法。
方法はいたって簡単で、Term::ReadLine::Gnu というモジュールを導入するだけ。

cpan[1]> install Term::ReadLine::Gnu

これで TAB 補完ができるように!と思いきや、コンパイルえらー。
あれれ。
どうやら Debian の場合は、別途 libreadline-dev が必要のようです。
それさえわかってしまえば、いつものように

% aptitude install libreadline-dev

でインストールすればOK。
その後 Term::ReadLine::Gnu をインストールしてあげると、今度はコンパイル成功。
これで、TAB 補完ができるようになりました。

cpan[1]> o conf [TAB]
applypatch                     make
auto_commit                    make_arg
build_cache                    make_install_arg
build_dir                      make_install_make_command
build_dir_reuse                makepl_arg
build_requires_install_policy  mbuild_arg
bzip2                          mbuild_install_arg
--More--

conf ってすごい項目あるのね。。。
とにもかくにも、わーい。